債権回収のための司法手続き

card-hand_l債務が弁済されない場合に債権者がその債権を回収するためには、裁判所による司法手続きがなされる必要があります。つまり、自力で債権を回収することには限界があり、法律に則った形式で行なわれなければなりません。また債権回収の原則は、債務者の財産を適正な手続きで差押を行い、それを換金して債権に充当します。そして、民事執行手続きにおいては、二つの方法が存在します。一つに強制執行、二つに担保権の実行です。まず強制執行というのは、裁判所の判決である債務名義を得ている債権者が申し立てを行なうことによって、裁判所が強制的に債務者の財産・債権等を差押する方法を言います。差押を受けたのが財産である場合、それを売却して債権なら裁判所が代わりに受けて、そこから配当として債権者に渡されることとなります。そして、担保権の実行とは、例えば債権者が債務者より担保をとっている場合には、その担保を競売して換金を行い、そこから債務の弁済を受けて、債権の回収を図る方法です。ちなみに担保権は、不動産に設定されることが多く、抵当権・根抵当権等の担保権があります。担保権の実行においては、債務名義自体は必要なく、担保権を設定した登記簿等の書類が揃っていれば、それを提出して裁判所に申し立てを行なうことで手続きを行なうことが出来ます。

コメントは受け付けていません。