強制執行の方法

強制執行とは、その名の通り、債務者が払いべき債務を滞納し続けた場合に、国家の権力を借りて強制的に財産を差し押さえることをいいます。家賃や保険料など、滞納が続いて一向に納めてくれない場合、最終手段にあたるのがこれにあたります。しかし、一番いいのは、事前に債務者と交渉するか、もしくは国の機関に訴訟を起こすなどして解決することが大切です。それでも解決の拉致があかず、どうしようもないときに執行をすべきです。なお、施行の方法としては3つあります。一つめは、強制的に不動産を売却し、強制競売にかける方法です。不動産執行は、時間がかかるというデメリットがありますが、不動産に担保がついていない場合には、一般的に価値が高いので回収可能性が高いというメリットがあります。二つ目は、家財道具や現金などの動産執行です。地方裁判所の執行官にたいして申し立てを行います。あらかじめ予納金として収めますが、実際にかかった費用を差し引いたものをあとで返還してくれます。動産執行のメリットは、手持ちのものが多いですので、早く簡便にできる点です。三つ目は、債権執行です。売掛金や預金などをさします。こちらも換金性が高いというメリットがあります。

コメントは受け付けていません。