‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

動産強制執行の手順

2014/09/05

動産とは、土地及びその定着物以外の物を言います。持ち運びや移動が可能な物が総てで、例えばゴルフバック、自動車等が該当します。もし債権者が債権の回収をどうしても図りたい場合には、書面で裁判所に申し立てを行い、債務者の財産を差し押さえる等の強制執行手続きを行なってもらいます。なお財産の特定については、どの場所にあるかだけを特定されるだけで済み、具体的な内容までの特定は必要ありません。当然、強制執行によって差し押さえることが出来る物は、債務者の占有する財産のみで、ネームが付されている物や明らかに第三者の所有物である場合は、それを差し押さえることが出来ないです。ただ債務者の所有物が、債権者や第三者の占有にある場合には、その承諾を得て執行官が差し押さえをすることが可能です。差し押さえでは、物によっては差し押さえ自体が禁止されているものもあるため、それを除外して金銭的評価をします。差し押さえをした後、1週間から1ヶ月の間で競りが実行され、それで最高金額を落札された方が買い受け、代金が支払われることとなります。実際に、代金が支払われると差押債権者や配当を請求した債権者に、その競り落とされて支払われた代金より充当を受けることとなります。

裁判所で解決する際の注意点

2014/09/05

card-man01_lお金を貸した相手が期限になっても返済を済ませてくれない時には、いくつかの手段を行い債権を回収することができます。まず最初に、相手方に直接出向いたり、電話をかけるなどしてお金を返すように働きかける活動を行います。このとき返済期限がすでに切れていることと、いくら返済額が残っているかを明確に伝える必要があります。また相手が時効により債務を消失させてしまわないように定期的に再請求書などを送る対応が必要です。郵送で送る場合には相手が間違いなく受け取ったことを証明できる、内容証明郵便で送ることが大切です。

どんなに催促しても支払いに応じない時には、貸した額面が60万円以下の少ないときには少額訴訟が可能で、必要であれば弁護士に相談を行ってこの先どうするべきか決めるのも良い方法です。
民事調停を行いますと、若干手数料がかかるので注意してください。簡易裁判所に申し立てを行うことで相手方との話し合いを持てるようになります。このときトラブル解決のために相手方に対してある程度、譲歩しなければならないことがあります。それは間に入ってくれる調停員会の裁量によって提示されるもので、場合によって内容が違ってきます。そして、納得できない内容を無理に承諾する必要もありません。調停が上手くいかなかった場合にはさらに民事訴訟を起こすことも可能です。

 

不動産強制執行の手順

2014/09/05

不動産が強制執行(いわゆる競売)の申し立てをされた場合、裁判所は法務局に対して競売開始決定の登記を嘱託します。そして、裁判所は執行官に対して物件の現況調査を命じて、評価人から物件の評価書を裁判所に提出させます。競売の申し立てをしてから、物件の評価がされるまでの期間は約3か月くらいです。
評価書に基づいて、執行官は物件明細書を作成し、最低売却価額を決定します。物件明細書は、裁判所に備え置かれますので、その期間はどなたでも物件明細書を閲覧することができます。
また最近では、インターネットでも物件明細書を閲覧することができます。
最低売却価額が決定してからおよそ4か月後に入札期間が1週間設けられます。
入札期間が満了すると、その1週間後に入札者の氏名、入札金額の開示がされます(開札期日)。1番高額な金額で入札した人に対して、裁判所からの売却許可決定がされます。最高金額で落札した人は、裁判所が定める期日までに落札金額を納付しなければなりません。万が一、期日までに落札金額を納付できなかった場合には、最高金額で落札した人は物件を購入する権利を失ってしまいます。この場合には、2番目に高額の金額で入札していた人に、物件を購入する権利が移転します。

強制執行の方法

2014/09/05

強制執行とは、その名の通り、債務者が払いべき債務を滞納し続けた場合に、国家の権力を借りて強制的に財産を差し押さえることをいいます。家賃や保険料など、滞納が続いて一向に納めてくれない場合、最終手段にあたるのがこれにあたります。しかし、一番いいのは、事前に債務者と交渉するか、もしくは国の機関に訴訟を起こすなどして解決することが大切です。それでも解決の拉致があかず、どうしようもないときに執行をすべきです。なお、施行の方法としては3つあります。一つめは、強制的に不動産を売却し、強制競売にかける方法です。不動産執行は、時間がかかるというデメリットがありますが、不動産に担保がついていない場合には、一般的に価値が高いので回収可能性が高いというメリットがあります。二つ目は、家財道具や現金などの動産執行です。地方裁判所の執行官にたいして申し立てを行います。あらかじめ予納金として収めますが、実際にかかった費用を差し引いたものをあとで返還してくれます。動産執行のメリットは、手持ちのものが多いですので、早く簡便にできる点です。三つ目は、債権執行です。売掛金や預金などをさします。こちらも換金性が高いというメリットがあります。

支払督促をする際の注意点

2014/09/05

お店が商品を売った時にお金が支払われないと困ります。
そのような場合相手に支払えといっても返事が来ない時は、法的な手段をとることになリます。
法的な手段には色々ありますが、簡単な方法として支払督促制度を利用する手があります。
この制度は裁判所に必要書類を提出して行うもので、簡易的な裁判に近いものです。
制度を利用するためにはまず裁判所に行って申立書を作ります。
申立書の内容は相手の住所と名前をまず書きます。
その後どのような請求をしたいのかを、具体的な金額などをあわせて書きます。
それが書き終わったらなぜそのような請求をすることになったのか、詳しく書くことになリます。
この具体的な理由は証拠の提出などを求められることはありません。
ただ曖昧な理由で書いてしまうと後で問題になリます。
ここまで書き終わったら必要な手数料を払って書類を提出します。
書類が受理されれば相手側に催促状が送られます。
そこで相手側が反論してくればそのまま裁判になりますが、何もしなければ差し押さえなどが可能になリます。
この方法は非常に効果的で簡単にできますが、相手が反論をして来た時は裁判になるの厄介です。
特に相手が遠くに住んでいる場合は、相手の住んでいる地域の裁判所にまで行く必要があるので注意がいります。

債権譲渡する際の注意点

2014/09/05

card-hand02_l取り引き先の経営状態が思わしくなく、売掛金の回収をすることができなくて困っているような場合に、その取り引き先が第三者に対して有している債権を売掛金の支払いに充てさせるという方法を取ることができます。この方法を債権譲渡と呼ぶのですが、そうすることによって別ルートから金銭債権を回収することができるようになりますので、とても便利です。ただし、この方法をより実効性のあるものとするためには、いくつかの注意点があります。一番大切なのが対抗要件を備えておくことです。この対抗要件には、債務者に対するものと、債務者以外の第三者に対するものの2種類があります。譲渡された債権の履行を確実に受けるためには、まず何よりも債務者に対する対抗要件を備えておく必要があります。対抗要件を備えるためには、債権の譲渡人から債務者に対して債権を譲渡したことを通知するか、債務者がそれを承諾する必要があります。この通知や承諾を単に口頭で行っただけではダメで、必ず確定日付のある文書によることが求められています。実務的には、譲渡人から債務者に対して内容証明郵便で譲渡通知書を発送するという方法がよく取られています。この譲渡の通知もしくは承諾によって、債務者の二重弁済の危険が回避できますし、債権を譲渡された側も確実に債権を回収できるようになります。

相殺する際の注意点

2014/09/05

2人で車を共同購入して車を購入した場合に、当然その車の代金は二人で負担をすることになります。通常であれば2人には支払い義務が発生するのですが、金銭面の理由などでお互いの負担をなしにしようとする法律行為があります。これを相殺といい、物を共同購入した時などに良く使用されます。言い換えればお互いの金銭負担をなしにして問題を解決しようという狙いがありますので、これによって新たにお金が発生することはありません。ですがそんな制度にも注意することがあります。それは領収書などの確認書類を第3者が一目で確認できる物を準備しておくことです。この制度を行ったことによってお互いのお金を支払う義務が発生しなくなります。それを証明するためにもこの制度を利用したという書類が必要なのです。お金を毎月徴収している会社にしてみれば、この制度を利用したことによって支払い義務が消滅したことを知らないことになるかもしれないので、その根拠となる物を提示・提出をする必要があります。これを会社に対して行わないことにより新たに法律トラブルが発生することもあるので、円満に事を終わらせるためにもきちんと領収書などの確認書類は絶対に忘れないようにしましょう。

金銭債権の回収方法

2014/09/05

金銭債権は、お金を貸し付けた場合や商品の販売を行なった場合に貸主や売主の権利として発生するものです。債務者が予定通りに金銭の支払いを行なっていれば、別段その権利の行使までを行なうことはないというのが実態でもあります。ただ債務者によっては、事情もあり金銭を支払えなかったり、元々支払うことが出来ないといったケースもあります。その場合においては、債権者が満足の行く債権回収を行なうためには民事訴訟を始めとする法的手段に訴えることとなります。債権回収を図る方法には幾つかの過程があり、そして最終的に債権回収まで繋げていきます。まず債権者が書面や葉書等で支払うように督促を行なうことから始めますが、それでも回収が出来ない場合には裁判所からの支払督促を行なってもらいます。これについては、債権者の形式的な債務が存在する書類の提出を行なうだけで裁判所が支払督促状を送付してくれます。そして、債務者が督促の異議を申し立てずに2週間経過すると債務名義が得られ、それによって強制執行の許可を得たのと同じ状態となります。よく債権名義と解釈される方もいますが、法律的には債務名義が正しい文言です。なお強制執行の許可を得たことは、裁判もしないで判決が出たのと同じこととなります。もちろん、債務者の財産から差押を行ない、担保に供しているものがあれば担保権の実行まで行なうことが可能となり、それ以後の展開で債権回収が図れることとなります。

債権回収のための司法手続き

2014/09/05

card-hand_l債務が弁済されない場合に債権者がその債権を回収するためには、裁判所による司法手続きがなされる必要があります。つまり、自力で債権を回収することには限界があり、法律に則った形式で行なわれなければなりません。また債権回収の原則は、債務者の財産を適正な手続きで差押を行い、それを換金して債権に充当します。そして、民事執行手続きにおいては、二つの方法が存在します。一つに強制執行、二つに担保権の実行です。まず強制執行というのは、裁判所の判決である債務名義を得ている債権者が申し立てを行なうことによって、裁判所が強制的に債務者の財産・債権等を差押する方法を言います。差押を受けたのが財産である場合、それを売却して債権なら裁判所が代わりに受けて、そこから配当として債権者に渡されることとなります。そして、担保権の実行とは、例えば債権者が債務者より担保をとっている場合には、その担保を競売して換金を行い、そこから債務の弁済を受けて、債権の回収を図る方法です。ちなみに担保権は、不動産に設定されることが多く、抵当権・根抵当権等の担保権があります。担保権の実行においては、債務名義自体は必要なく、担保権を設定した登記簿等の書類が揃っていれば、それを提出して裁判所に申し立てを行なうことで手続きを行なうことが出来ます。